タイダイの絞り方

絞り は、折り目、バインディング、時にはステッチを使用してパターンを実現する日本の防染技法です。伝統的に、布や着物を天然藍で染める技法が用いられてきました。それは素晴らしいシャツにもなります!

材料:
    • 白い生地 (または色除去剤で処理された生地) プレウォッシュ済み、綿 100%、天然繊維が多いほど良い
    • はさみ
    • 輪ゴム、より糸、塩ビ管またはポール
染色用
    • 染浴用のバケツまたは大型容器 (5 ガロン以上)
    • 染料(Rit All Purpose Dyeなど)、粉末または液体
    • ゴム手袋
    • 染料をかき混ぜるためのスプーン
    • メタルトング
    • 綿または麻を染色する場合は、塩を 1 カップ加えます。
    • ウールまたはシルクを染める場合は、1カップのホワイトビネガーを追加してください
蜘蛛クモ(Spider) Technique



ステップ 1:生地を表面に平らに置きます。

ステップ2:アコーディオンで長方形に折ります。

ステップ 3:輪ゴムを 3 つの等しいセクションで使用して、生地の片側をつまんで結びます。

ステップ 4:反対側も交互に繰り返します。

ステップ5: 生地が結び目のきつい束になるまで、中心に向かって作業しながら、ひもまたはゴムバンドを使用してバインドを続けます.

Arashi (ストーム)テクニック



ステップ 1:生地を表面に平らに置きます。

ステップ 2:すべての生地が巻き上げられるまで、パイプまたはポールを 1 つのコーナーから斜めに転がします。

ステップ 3:より糸の一方の端をポールの付け根の周りに二重の結び目でしっかりと結びます。

ステップ 4:より糸をファブリック ポールの周りにゆっくりと巻き付けます。きつく巻くほど、ストライプのコントラストが強くなります。コンパクトな束を作るために、数インチごとに生地を縮めます.

ステップ5: 最後にできるだけ生地がすべて縮まるまで、巻き、縮め、締めを繰り返します。

染色プロセス:
  • 生地の束を完全に濡らして脇に置きます。
  • 染浴を準備します。外側で染めるのがベストですが、内側で染める場合は落とし布を敷いてください。一部の染料はバスルームを汚すので注意が必要です。
  • バケツまたは容器 (生地の束をすべて入れるのに十分な大きさ) に 3 ~ 4 ガロンのお湯を入れます。
  • 手袋をはめた状態で、2 カップのお湯に粉末染料 2 パケットをあらかじめ溶かしてから、バケツに加えます。液体染料を使用する場合は、ボトルをバケツに追加するだけです.
  • 1カップの塩または酢(生地によって異なります)を加え、よくかき混ぜます.
  • 時々かき混ぜながら、湿った束を10〜20分間染浴に落とします。
  • トングで束を取り除き、約 3 分間置いてから、さらに 10 ~ 20 分間染料浴に戻します。もう一度繰り返して、合計 3 回浸します。生地が染浴に入る回数が多いほど、洗濯後の色が飽和します!
  • バンドルを横に置き、数時間乾かします (ただし、まだほどかないでください!)。一晩放置することもできます。
  • 生地の束をほどき、水が透明になるまでぬるま湯ですすいでください。吊るして乾かします。

2コメント


  • Eileen S

    Loved this video and love the art of shibori. This is on my bucket list of things to do. Awesome job, April!!


  • Bernard Fischer

    Loved this story. Mahalo


コメントを残す

コメントは公開前に承認が必要です。

コメントは公開前に承認が必要です。